赤黒魔界樹

c0353365_03415655.jpg

バージョンアップで何度か強化されたが、イマイチ使われていない魔界樹をメインに据えたデッキ。
レート1400台から始め、このデッキ一本で1700を越えたので実戦レベルなのでは。


魔界樹はコストが重く、ライフが減るデメリットもあるせいかあまり見かけない。だが、戦闘ダメージを与えるか、与えられたクリーチャーを煙に変えるという非常に強力な効果を持っており、相手クリーチャーの戦場効果や敗北効果を無視することができる。またHPさえ残っていれば戦闘を拒否できる点はオンリーワンであり、状況しだいではなかなかの制圧力を持つ。

サモナーからカオドラを呼ぶ場合と比べると、魔界樹が有利を取れるカードは水先、ナーガ、ミイラ、スケルトン、ゾンビ、墓荒らし、カウンゴ、ソードマスター、アイスドラゴン、原住民、半減付きやHPの多い後攻ファッティなどが挙げられる。対して、後攻付きでHPが減りやすいため、ライフの連取性能はやや低め。


このデッキでは序盤から積極的に魔界樹を出し、勝利時に魔力を使い切ることで勝利効果のデメリットを回避していく。ボードアドバンテージを優先して勝利効果を発動させてしまい、赤黒のライフ連取力で取り返すのもあり。

基本的に魔界樹はサモナーを使って出し、相手に対処の隙を与えないようにしたい。待機所を経由して出したのでは青のカードでバウンスなり赤で焼くなりされてしまうからだ。早ければ2ターン目幽霊orハーピーからのサモナーで3ターン目に魔界樹を出すことができる。

c0353365_07522090.jpg
相手の厄介なLV3クリーチャーを潰せば優位に立って試合を展開することができる。
クリーチャーを煙にできるので、ネクロや墓荒らしといった墓地利用を防げるのも強み。

ほかに、HPが減った魔界樹に相手が引き分けを取りに来た時に、翼竜で魔界樹に先行を付加してライフの連取を狙うのもおすすめ。先行魔界樹は赤黒の特権なので完成すればそこそこ強い。


c0353365_07110776.jpg
相手が補助を打たない、あるいはこちらの待機にいる先行持ちを嫌って戦場に出してこないと読めれば、積極的に尖兵で勝ちを取り、次ターン開始時に戦場を空けていきたい。マダムやサメ、翼竜を打たれなさそうだと読めれば、イニ無しでのサモナー、ケルベロス、騎兵が光る。

また、尖兵→幽霊と繋げて、イニ無し魔力2からの鬼火での奇襲なども有効。鬼火で魔界樹を落とせば、シーサーペントや朱雀と言ったサイズのクリーチャーを相手に、尖兵でも勝ちを取れる。


課題
・初手要員として採用した放火魔の火力が1~2も出やすく安定しないこと。
 攻撃力4と、あわよくば幽霊墓地落としで採用したけど火竜の首に戻したほうがいいのかも。
・黒のサモナー餌としてトラバサミやビホルダーなども採用の余地がある。
・死神を入れていて助かることは多いが、サモナーが打てなくなるシーンがちょくちょくある。
・黒ドラはカオドラでいいかもしれない。というかデーモンがカオドラでいいかもしれない。

1700到達したばかりだから上限どんなものかわからないけど、動きがバレてない間は勝率はいい。





使われないカードの秘めたる可能性や新たなコンボを求め・・・戦いは始まったばかりだ!
(ご愛読ありがとうございました。次回作にご期待ください)

[PR]

by ruxui | 2015-02-10 08:13 | 赤黒  

<< 魔界樹おまけ ブログ始めました >>